Criteo(SOAP API) 広告主登録方法

このページでは、アドレポにCriteo(クリテオ)のアカウントを登録し、データ取得を可能にする方法について説明しています。

Criteo ログインアカウント情報の登録

1. APIトークンの発行

Criteoの管理画面にログインし、アドレポに登録したいアカウントを選択します。

左上のメニューボタン→「アカウント設定」をクリックします。

「User Management」画面に移動したら、「API information」の「GENERATE API USER」をクリックします。

※「API information」が表示されていない場合、Criteoのサポートへ連絡し、機能を解放していただく必要がございます。Criteoの担当者様に「アドレポと接続する為にAPIトークンの発行機能の解放を希望」との旨をメールにてご連絡くださいませ。
メールアドレス、姓、名を入力し、「GENERATE API TOKEN」をクリックします。

成功すると以下のように表示されます。

入力したメールアドレスに認証メールが届くので、メール本文内の「Activate」をクリックします。

認証メールから遷移した画面でパスワードを設定し、「SAVE AND CONTINUE」をクリックします。
※設定したパスワードはアドレポで必要となりますので、内容をお控えください。

登録が完了すると、以下のように表示されます。

「User Management」画面の「API information」にAPI接続情報が表示されます。「LOGIN/MAIL」と「TOKEN」の表示内容をお控えください。

2. アドレポへの登録

アドレポ管理画面の「広告主情報変更」>「Criteo広告主情報」のフォームに必要な情報を入力します。

・広告主ID…Criteo上の広告主アカウントID
→Criteoにログイン→アカウント選択後の遷移先画面URL内の、「advertiserId」が広告主アカウントIDになります。
 https://marketing.criteo.com/XXXXXXXXX&advertiserId=●●●●
 上記URL例の「 ●●●● 」部分がIDです。
・表示名称…任意の名称(アドレポ上での表示に使用されます)
・APIログインID…「User Management」画面の「API information」に表示される「LOGIN/MAIL」
・APIパスワード…APIユーザーの作成時に設定したパスワード
・APIトークン…「User Management」画面の「API information」に表示される「TOKEN」

レポート設定画面での選択方法

サイドメニューの「レポート設定」>「新規作成」またはレポート設定一覧より、「レポート設定作成画面」へ遷移します。

データセットにて「Criteo」を選択し、任意のレポートタイプを選択してデータセット、レポートを作成できます。