Google AdWords 広告主登録方法

このページでは、アドレポにGoogle AdWordsのアカウントを登録し、データ取得を可能にする方法について説明しています。

※注意点※
ご確認の上、下記設定手順をお進みください。
【1】Google AdWordsのアカウントをアドレポに登録する際、「閲覧権限以上」の権限が必要となります。
【2】OAuth同意画面で「内部」選択を推奨しております。「内部」を利用するためには、Google Workpace(旧 G Suite)の管理者権限のアカウントを利用する必要がございます。

Google AdWordsログインアカウント情報の登録

アドレポでGoogle AdWordsのデータ取得を可能にするためには、下記が必要となります。
・Google AdWordsへログインできるアカウントのメールアドレス
・「クライアント ID」「クライアント シークレット」の登録

下記ではまず、上記必要なものの揃え方をご案内します。

1. Google AdWordsアカウントにログイン

アドレポと紐づけたいGoogle AdWordsアカウントにログインしてください。

2. クライアント IDとクライアント シークレットの発行

AdWords API を呼び出すためには、OAuth2 による認証を受ける必要があります。OAuth2 を使うことで、アドレポがユーザーのAdWords アカウントにアクセスできるようになります。
OAuth2 認証情報を作成すると、「クライアント ID」「クライアント シークレット」が発行されます。

Google Developers Console 上でOAuth2 認証を行う

Google AdWordsアカウントにログインしているブラウザで、

(1)のリンクより、「OAuth2 認証情報を作成する」-「2. クライアント ID とクライアント シークレットを作成する-ウェブアプリケーション」の手順1~7を実施します。

(1)下記URLをクリックする。

https://developers.google.com/adwords/api/docs/guides/authentication?hl=ja#webapp
※下記キャプチャはURL遷移後の日本語訳です。英語のみ表記される場合はご参考にしてください。

(2)下記キャプチャ赤枠の「GoogleのAPIコンソールの資格情報ページを」をクリックする。
(3)下記キャプチャ赤枠の「プロジェクトの作成」をクリックする。
(4)「プロジェクトの名前」等入力し、「作成」をクリックする。

プロジェクト名、IDはアドレポのデータ取得では一切参照しませんので、自由にご設定ください。
(ただしアドレポでAPI連携認証を行う際に管理画面に表示されるため、
プロジェクトIDはわかりやすく「adrepo」とすることを推奨いたします。

(5)「①認証情報」ページの「②+認証情報の作成」より、「③OAuthクライアントID」を選択する。
(6)「同意画面を設定」をクリックする。

※クライアントIDを初めて発行する場合、下記キャプチャページが表示されます。このまま手順に沿って登録をお進みください。
※2回目以降の発行の場合は手順(12)にお進みください。

(7)User Typeで「内部」を選択し、「作成」をクリックする。

※下記キャプチャのように、「内部」「外部」の選択肢がありますが、「内部」を推奨しております。
(「外部」の場合、Google側の認証許可が必要となるため)
※「内部」を利用するためには、Google Workpace(旧 G Suite)の管理者権限のアカウントを利用する必要がございます。
※基本的に、個人アカウントも認証可能でございます。

(8)下記ページでは、以下項目の入力する。

※キャプチャはページの一部を抜粋しています。
①【アプリ情報】
・アプリ名‥アプリ名には、任意の名称を入力してください。
・ユーザーサポートメール‥ログイン中のAdWordsアカウントのメールアドレスを選択してください。

②【アプリのドメイン】
※変更なし

③【認証済みドメイン】
・”ad-repo.com”を入力します。

④【デベロッパーの連絡先情報】
・任意のメールアドレスを入力してください。

⑤「保存して次へ」をクリックする。

(9)下記ページでは、入力欄はそのままにし、ページ下部にある「保存して次へ」をクリックする。
(10)下記ページでは、内容を確認し、ページ下部にある「ダッシュボードに戻る」をクリックする。
(11)再度、手順(5)に戻り「①認証情報」ページの「②+認証情報の作成」より、「③OAuthクライアントID」を選択する。
(12)「アプリケーションの種類」で「ウェブアプリケーション」を選択する。
(13)手順(12)と同じページ内の下記項目は、以下のように入力し、「作成」をクリックする。

※キャプチャはページの一部を抜粋しています。
①【名前】
・ご自由に設定していただけます。(キャプチャは例としてアドレポと入力しています。)

②【承認済みの JavaScript 生成元】
・空欄のまま登録して下さい。

③【承認済みのリダイレクト URI】
・下記のURLをペーストしてください。
https://client.ad-repo.com/ag/account/apiAccountCreate/oAuth
https://adrepo-etl.client.harbest.jp/oauth/callback/

(14)表示された「クライアント ID」と「クライアント シークレット」をコピーする。

 

3. アドレポ管理画面での登録作業

(1)2.で利用したAdWordsアカウントにログインしたまま、アドレポにログインする

(2)画面左側の黒いサイドバーにある「広告主情報変更」をクリック

(3)画面を少し下にスクロールし、Google AdWords 広告主情報の「アカウント設定」をクリック

(4)アカウント設定画面が表示されるため、真ん中青文字の「アカウント新規登録」をクリック

(5)アカウント登録画面が表示されるため、「メールアドレス」「クライアントID」「クライアントシークレット」を入力する

【メールアドレス】…ログイン中のAdWordsアカウントのメールアドレスを入力します。(Gmail以外でも問題ありません)
【クライアント ID】【クライアント シークレット】…1.、2.で作成した情報を入力します。

↓クライアント ID、クライアント シークレットの再確認はこちらのページをご覧ください。
https://console.developers.google.com/project?hl=ja

入力が完了したら「認証開始」を押します。

※このとき、再度Googleアカウントへのログインを求められることがありますが、その際は「クライアント ID」「クライアント シークレット」を作成したGoogleAdWordsアカウントでログインをしてください。
※「認証開始」を押してもポップアップが表示されない場合、お使いのブラウザのポップアップブロックが作動している場合がありますのでご確認ください。ポップアップブロックが作動している場合、以下の丸で囲んだ部分のようなアイコンがアドレスバーに表示されますのでクリックしてブロックを解除してください。

Google AdWords広告アカウントの登録

(1)認証が正しく完了すると、ご登録いただいたアカウントが先ほどの「4、アカウント選択」プルダウンにて選択可能になります。
アカウントを選択後、「広告主名選択」の隣にある緑ボタンの「更新」をクリックし、情報を更新します。

(2)アドレポに登録可能な広告主の一覧が表示されますので、登録したい広告主(AdWordsアカウント)を選択し、「登録」をクリックします。

(3)登録内容が下記部分に表示されたら登録完了です。

 

レポート設定画面での選択方法

サイドメニューの「レポート設定」 > 「新規作成」またはレポート設定一覧より、「レポート設定作成画面」へ遷移します。

データセットにて「Google AdWords」を選択し、ネットワークやレポートタイプを組み合わせてデータセット、レポートを作成できます。

クリエイティブを出力する場合の注意点

・データ量の制限の関係上、出力されるデータの件数が500件に制限されます。
・クリエイティブを持つデータのみ出力されます。