サポート > レポートの設定 > CSVアップロード > CSVファイルのアップロード(レポート設定時、該当の広告プラットフォームが存在しない場合)

CSVファイルのアップロード(レポート設定時、該当の広告プラットフォームが存在しない場合)

このページでは、アドレポにCSVファイルをアップロードする方法について説明します。

APIのないプラットフォームのCSVなど、どんなCSVファイルでも手動でアップロードすることができます。
アップロードしたCSVのデータは、アドレポ上で自由にレポート作成することができます。

また、会員情報や購買情報などのデータもアップロード可能です。

【手順1】フォーマット設定

まず、アップロードするCSVの型をアドレポ上に作ります。この型がCSVフォーマットです。CSVフォーマットはいくつでも作成可能です。
CSVフォーマットによって、読み込ませるCSVファイル内のデータがどのような構成になっているかをアドレポのシステムが判断できるようになります。
この型がないと、CSVアップロードはできません。

こちらの設定はお客様側では操作できません。
弊社のスタッフがサポート致しますので、ご希望の場合はまずお問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

作成した CSVフォーマットの例が下の画像になります。

登録済のCSVフォーマットは、アドレポの管理画面右上歯車アイコンの「CSVフォーマット一覧」画面で確認できます。

【手順2】CSVファイルアップロード

CSVファイルのフォーマットが作成できたら、実際にアップロードをしていきます。

実際のCSVファイルとCSVフォーマットの照合

下の画像中赤い枠内のテキストは、 CSVフォーマットの「カラム名」にそれぞれ該当します。
CSVファイルのヘッダー行(画像中の赤枠)とカラム名が一致していないとエラーとなってしまいますのでご注意ください。
※構成がわかりやすいように、エクセルでCSVファイルを開いています。

ファイルアップロード

ナビゲーションの「CSVアップロード」をクリックして CSVファイルをアップロードする画面に移動します。

1. フォーマット選択

作成したフォーマットが表示されるので、アップロードしたいCSVファイルのフォーマットを選択します。

2. キャンペーン・対象年月設定

アップロードするCSVファイルにキャンペーンカラム・日付カラムがあれば記入不要です。
キャンペーンの設定方法は「設定」をクリックするとキャンペーン名が一覧で表示されるので、その中から選択します。

追加」をクリックしてキャンペーン名を入力すればキャンペーンを追加することもできます。

対象年月は、該当する年月を選択してください。
なお、新しくファイルをアップロードする際、キャンペーンと年月の組み合わせが同じものがあればデータが更新され、キャンペーンと年月の組み合わせが同じものがなければ新しいデータとして追加されます。

3. ファイルアップロード

ここにファイルをドロップ」部分にドロップ、またはクリックで選択することができます。
ファイルをアップロードすると、自動的にデータ取得が始まります。
※タブ区切りファイルはアップロードできません。

アップロード結果確認

画面下にある「 CSVアップロード結果 」で結果がOKになれば完了です。NGだった場合は、エラー内容を確認してください。

アップロード済データ訂正

CSVアップロード画面右上、「アップロード済データ訂正」をクリックすると、今までアップロードしたデータが表示されます。

フォーマットごとに確認できるので、確認したいフォーマットを選択した上で、「検索」をクリックするとデータが表示されます。

※「チェックしたデータを削除」で消したデータは戻せないのでよくご確認の上ご使用ください。
※対象年月、キャンペーン、消化金額、インプレッション数、クリック数、CV以外のデータはここでは確認できません。
※会員情報などのキャンペーンや日付が無いデータをアップロードする場合には、キャンペーン・日付は任意で入力して頂いて構いません。レポート設定の表示項目でキャンペーン・日付を選択しなければレポートには出力されません。