1人あたりのレポート作成工数を75%削減し、
クリエイティブな仕事へ注力できるように!

株式会社インフィニティエージェント 様
(Infinity Agent Inc,)
https://infinity-agent.co.jp/

久保田様(写真右)、外戸口様(写真左)

課題
レポート作成の工数が増え、毎週6時間以上かかってしまっていた
決め手
必要な機能がある/価格
活用方法
  • 日々の予算管理
  • 週次レポート作成
  • 提案時の資料作成
成果
  • 1人あたり75%以上の工数削減
  • レポート機能の活用による、週次のレポート作成、お客様への提案資料作成の工数削減
  • 日々の予算管理にアドレポを使いひと目で概況を把握、運用効率化ができた

企業概要

御社の事業内容について教えてください。

インフィニティエージェントは2015年に設立し、インターネット専門の広告代理店として企業様のデジタルマーケティングを支援している会社で、企業様のWEB集客数や売上の拡大に向けて日々奔走しています。
“Google Premier Partner”や“Yahoo!認定パートナー(★★)”の称号を頂くなどの評価もいただき、広告媒体企業との連携を更に強化しながら、より高いレベルの支援を目指しています。

ご担当されている業務内容を教えてください。

外戸口:

広告プランナーとして、お客様の広告予算をお預かりして、広告のプランニングと運用業務を行っています。また、社内に対してはアドレポ周りの設定など業務フローの構築にも取り組んでいます。

久保田:

私は、外戸口と同じく広告運用プランナーとして企業様の支援をしながら、チームのマネジメントをしています。我々の部署は、基本的に広告予算をお預かりし、広告効率がよくなるような提案をしたり、実施した各施策の検証をしたりなどお客様のWEB集客の支援を行っています。

導入背景

事業の成長とともに予算管理やレポート作成の工数が増加。
それをアドレポで一気に解決!

アドレポをご導入いただいた際に抱えられていた課題を教えてください。

久保田:

レポート作成工数が増えていたことが一番の課題でしたね。
お客様に日々の広告運用レポートを週1回提出しているのですが、もともと各広告メニューの管理画面から手動でダウンロードして作成していました。
アナリティクスのデータと媒体データを貼り付けたり、関数を組んだり、 レポート1ファイル作成にあたり20分ぐらいかかっていました。20ファイル作成する場合は6時間以上かかっており、半日以上の時間を使っていましたね。
ありがたいことにお客様の数が年々増えてきたので、「さすがに手動じゃ無理だね」という話になり、アドレポの導入に踏み切りました。

導入の決め手となった点を教えてください。

久保田:

月額費用が割と安い印象があり、かつ、自分たちにとって必要な機能が、一通り揃っている点が決め手ですね。今までは日別集計、キャンペーン別集計、キーワード別集計など様々な種類のレポートを手動で作成していましたが、それがアドレポを使うことで一括作成ができるとわかったので、導入しましたね。

外戸口:

広告の出稿が増えたことに伴いデータも増え、レポート作成に手間がかかっていましたが、アドレポにより自動化することができました。しかも1アカウント600円って意外と安いですよね。コスパもいいと思いました。

ご利用内容

アドレポは、日々の予算管理・週次レポート作成・提案時の資料作成と様々なシーンで大活躍!

普段、アドレポをどのようにご利用されていますか。

外戸口:

アドレポには3つの用途があります。

1つ目は、「予算管理」です。この機能は大活躍していますね。毎朝アドレポを見て、予算が適切なペースで配信されているのかを確認しています。これは、毎日の作業なので、やはりまとまった数字がひと目で見られるのはありがたいです。

2つ目は、「報告レポートの作成」です。弊社では週に1回配信状況をお客様と共有しており、その報告用レポートをアドレポで作成しています。これまで、レポート1ファイル作成の時間が1人あたり20分かかっていたところを、現在ではワンタッチで自動作成・出力ができています。あとはメールで送付するだけなので、だいぶ楽になったと感じています。また、週間レポートはネクストアクションなどのコメントとともに報告しています。今後は、リアルタイムで数字を把握したいお客様に対してメール自動送信機能を使ってみようかという話が出ています。

3つ目は、「改善提案レポートの作成」です。お客様への改善提案のためのレポート資料もアドレポで作成しています。例えば、期間を過去3か月と決めて、性別・年齢別・地域別などの切り口でレポートを出力できるようにしておきます。そこから配信状況やお客様のご要望に合わせてデータを選び、そのまま利用することができるので、資料作成の時間がとても短くなりました。

成果や効果

レポート作成工数を75%削減し、1人あたり一週間で6時間以上の工数削減に成功!

導入時の課題は解決されましたか。

久保田:

解決しています。日々の予算管理とレポート作成に1番手間がかかっていましたが、そこは大幅に工数が削減できています。工数を削減した分、我々はクリエイティブな作業に時間を使っていきたいですね。ベンチマーク調査から新しいキャンペーンの構成、広告テキストの作成、バナーの構成などの人にしかできないところでバリューを発揮するために、アドレポを活用していければと思っています。そのためにアドレポのような業務効率化・自動化を行うツールが広告代理店の間で流行ってくのは間違いないでしょうね。

具体的にどのような成果がありましたか。

久保田:

レポート1ファイルあたり20分かかっていましたが、アドレポだったら、長くても5分ぐらいです。およそ75%の作成工数を減らすことができており、1人あたり一週間で6時間以上の削減となるので、工数はかなり削減できているんじゃないかと思いますね。

外戸口:

定期的な報告会用の資料作成の工数削減にもかなり貢献しているので、本当にすごいです。アドレポなしでの業務は…想像するとゾッとしますね(笑)

アドレポへの期待

アドレポへ期待することを教えて下さい。

久保田:

広告媒体の連携先がもっと増えるといいですよね。例えば、アウトブレイン、インディードなどの連携を期待しています。

外戸口:

アドレポ自体が便利ですが、サポートもすごく充実しています。設定などの使い方について問い合わせした際に、アドレポのサポート担当の方がテレビ会議で2時間ぐらいかけて詳しく教えてくださったんです。それをきっかけに社内で設定や活用方法を広めることができ、すごくありがたかったので、代理店は絶対使った方がいいと思います。
レポート作成についてアドバイスをいただきつつ、サポートしていただけるとうれしいです。