【YSS】バージョンアップに伴うBigQueryテーブル定義変更のお知らせ

2018/05/22(最終更新日:2018/05/30)

いつもアドレポをご利用いただきありがとうございます。
この度実施することになりましたバージョンアップについて、BigQuery出力機能をお使いのユーザー様へお知らせがございます。

本バージョンアップに伴い、BigQueryのテーブルにカラムが追加されます。
また、テーブル定義書に変更が発生します。
下記をご確認ください。

バージョンアップ実施予定日

2018年5月29日(火)午後予定
【2018.5.30 追記】バージョンアップ作業は予定通り完了しました。

 

テーブル定義変更箇所

アドレポ管理画面サイドメニューの「お知らせ」より、最新のテーブル定義書をダウンロードの上、下記をご確認くださいませ。

資料内 P.14-17

現在アドレポと接続中のBigQeuryのデータセット内における、スポンサードサーチレポートを取得する一部のテーブルに、以下のカラムが追加されます。
カラム追加はバージョンアップと同時に自動で実行されます。BigQuery上でユーザー様が必要な作業はございません。

対象広告プラットフォーム
・Yahoo! スポンサードサーチ

対象テーブル
・広告レポート
・キーワードレポート
・サーチクエリーレポート
・地域別レポート
・クリック種別レポート
・コンバージョンレポート

追加カラム名
CROSS_DEVICE_CONVERSIONS (デバイスをまたいだコンバージョン数)

 
以上になります。
今後ともアドレポをよろしくお願いいたします。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加