資料請求

見やすいレポートを簡単作成!ネット広告運用の労力を劇的に減らすテンプレートとは

この記事をシェアする

インターネット広告の運用成果を表やグラフを使って整理し、分析や考察をまとめた「広告レポート」の作成は、運用担当者にとって非常に重要なタスクの一つです。

しかし、クライアントに喜ばれる質の良い広告レポートを作り続けるのは、なかなか大変。特に広告運用の経験が浅い方は、広告レポートの書き方に毎月苦心されているのではないでしょうか?

今回は、広告レポート作成にあたり知っておきたい大切なことや、レポート作成をグッと効率化できる「テンプレート」についてご説明していきたいと思います。

なぜ広告レポートが必要なのか?

お客様との認識を統一する

広告レポートによってネット広告の運用実績をクライアントに分かりやすく提示し、現状や課題に対して運用者と広告主、すべての関係者が同じ認識を持っていることは、その後のプロジェクトを成功に導く上でも非常に大切です。
逆に、運用状況が広告主に正しく理解されていないと、広告代理店としての仕事を正当に評価されず、協力が得にくくなったり、契約を打ち切られたりする恐れもあります。

成果を明確にする

インターネット広告が他媒体の広告と大きく違うのは、「宣伝成果が客観的な数値で分かる」という点です。
皆様の日々の運用がどのような広告パフォーマンスをもたらし、クライアントのビジネスにどれくらい貢献できたのか、その成果を様々な指標の数値結果をもって明確に示せるのが広告レポートです。

問題点を洗い出し、対策を検討する

あらゆる業務の管理手法として欠かせないPDCA。とりわけネット広告運用においては、PDCAを回す上で広告レポートが重要な役割を持ちます。
広告レポートによってKPI(重要業績評価指標)をはじめ各指標の変化を俯瞰し、前日・前月実績との比較などを多角的に行えます。そこから運用の問題点が洗い出され、問題点の評価、改善のための対策と進めていくのです。
結果を顧みず、日々漠然と広告費を消化しているようでは広告代理店の存在意義はありません。

実施内容をノウハウとして蓄積

ネット広告運用では、ターゲットの動きを日々観測しながら、少しでも費用対効果を高められるよう広告文・画像・キーワードなどを見直し、クリック単価や予算設定をチューニングしていきます。
こうした試行錯誤により良い結果を得られた場合、それを「たまたまうまくいった」で終わらせてはいけません。そこで実施した方法をノウハウとして蓄積し、再現性を高めるのが重要です。
そのためには「いつ、何を、どうしたか」のレコードが重要であり、それこそが広告運用の足跡を定期的に記録した広告レポートだといえます。

その広告レポート、お客様は読んでくれていますか?

皆様の広告レポートが上述したような目的を果たすには、何はなくとも、レポートそのものが簡潔で見やすく、分かりやすく、かつ正確に作成されている必要があります。

広告レポートの「肝」は情報内容(運用成果)でありますが、しかし大事な情報がどれだけ緻密に記載されていても、クライアントがそれを見て正しく理解できなければ片手落ちです。レポートは作ることが最終目的ではなく、あくまでも広告主に読んでもらえて初めて意味を成すからです。

視認性が高く、内容が分かりやすいレポートを見れば、クライアントの印象も良くなります。逆にレポートが見にくく整理されていないと、たとえ良好な運用状況であっても、クライアントにとってレポートを読むこと自体がストレスになってしまうかもしれません。それでは認識の共有やPDCAなどおぼつかないでしょう。

あなたの広告レポートはなぜ見にくいのか

広告運用者の皆様には、ぜひ一度、自分のレポートの「見やすさ・分かりやすさ」という点を見直していただくことをお勧めします。
「君のレポート、なんか見づらいな~」と上司や客先に言われたことはありませんか?それには必ず原因があります。ここで、広告レポートを見づらくする要因をいくつかあげておきます。

ビジュアル化されていない

管理画面の数値を、ただコピペしただけのレポートになっていませんか?
適切に色分けされたテーブルやグラフを駆使して、図示できるものはなるべくビジュアル化しましょう。手間はかかりますが、レポートはぐっとスタイリッシュになり見やすくなります。

編集・レイアウトが雑

文字サイズやフォントが不揃い、セル内の中央寄せ・端寄せがそろっていない、表の位置がずれている、余白が偏っている…「そんな細かなことを?」と思われるかもしれませんが、案外こうした点が見る人に雑な印象を与え、広告レポートを読みにくくしているものです。

色使いが不自然

広告レポートはオールカラーで作成されていると思いますが、表のセルやグラフのカラーリングがあまりに不自然だと見にくいレポートになってしまいます。ここは作成者のセンスが問われるところですが、WEBデザインのカラーパターンなどを参考にして違和感のない配色を選ぶと良いでしょう。

紙面にゆとりがない

レポートの限られた紙面にできるだけ多くの情報を載せたい、報告したいという気持ちは分からないでもありません。だからといって、行間や余白を持たせず文字や図をぎっしり詰めこんだレポートは、かえって読む気が失せてしまいます。

「テンプレート」でレポート作成の苦労をなくす

レイアウトやデザインが見やすく丁寧で、分かりやすい広告レポートが理想だというのは、多くの方が納得されると思います。しかし現実は、そこまで手が回らないというのが本音ではないでしょうか。

「どんなフォーマットで広告レポートを作れば良いか分からない」
「一応レポートは作っているが、ただ数字の羅列になっている」
「自分の書式はお客様にとって見やすいものなのか、自信が持てない」

このような担当者の声を、私たちは数えきれないほど耳にしてきました。
毎月膨大なレポート作成業務を抱える中、とても個々のフォーマットや体裁にまで神経を使う余裕がないのも分かります。
そこでおすすめしたいのが、レポートの「テンプレート(ひな形)」の作成です。

同じクライアントに対して報告する指標・項目自体は、毎回そう変わるものではありません。一度しっかりしたテンプレートを作成してしまえば、その後は毎月、運用結果の集計データを流し込めば良く、レポート編集の苦労はずいぶん少なくなるでしょう。

本当にレポートするべき内容に時間を使おう

広告レポートをテンプレート化することには、2つのメリットがあります。
1つは先ほど述べたように、見やすく分かりやすいフォーマットのレポートが簡単に作れること。もう一つは、作業の省力化・効率化により、より重要なレポート事項に時間を使える点です。

広告レポートによって広告主に伝えるべき内容は、大きく分けて次の3つがあります。

①運用結果(サマリーや詳細の数値データ)
②実施内容(どんな成果を目指し、どんな施策を行ったのか)
③現状の課題と対策(現状分析と課題の洗い出し、今後の運用方針や具体策)

①の運用結果の報告は、必須でありますが、それ以上でも以下でもありません。
広告主が知りたいのは、その結果に至るまで、運用担当者はどのような意図を持って何を実施したのか(②)、そして結果をどう分析し、次の一手をどう考えているのか(③)。これを精緻にレポートすることこそ、広告代理店の本分でしょう。

テンプレートの利用によってレポート作成時間を短縮できれば、本来注力すべき、結果の考察や今後の運用のプランニングに時間をかけられ、より効果の高い広告運用ができるでしょう。間違いなくクライアントの満足度も高まります。

すべての問題を解決する「アドレポ」のテンプレート機能

レポートテンプレートを活用すれば、広告レポート作成の工数を削減できるだけでなくレポートのクオリティを高め、広告運用の改善も期待できます。

しかしこう聞くと、多忙を極めるネット広告の運用担当者の方々は「そんなテンプレートを作る時間やスキルがない!」と思われるかもしれません。
そんな方々には、私たちの運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」が、大いに力になれるでしょう。

アドレポのテンプレート機能の特徴

アドレポは各種リスティング広告・DSPと連携し、複数プラットフォームのデータを統合できる広告レポート自動作成ツールです。
このアドレポが多数の企業・広告代理店様から高い評価を受けている理由の一つとして、充実したテンプレート機能があります。主な特長は次の3つです。

①40シート以上の豊富なテンプレート
見やすく使いやすい40のレポートテンプレートをご用意。クライアントの要望にあわせてお好きなものをお選びいただけます。

テンプレートの一例

②「定形レポート」で作成時間を大幅に効率化
日次や週次などの定期的な作業は自動化しておくことが可能です。
管理画面に都度ログインしなくても、メールにて作成したレポートの通知やGoogleスプレッドシートへの更新ができます。

③テンプレートをもとにカスタマイズも可能
既存のテンプレートをベースにして自在にカスタマイズも可能。自社フォーマットもそのまま使えます。

テンプレートの設定方法

アドレポは、シンプルな操作で高品質のテンプレートを簡単に導入できるのが強みです。ここでは実際の管理画面での操作イメージを簡単にご紹介します。

①画面右上の「テンプレートから選択」をクリックします。

②40のテンプレートから必要なものだけ選択し、レポートを作成できます。

③選択したテンプレートについて編集可能となります。(テンプレートのカスタマイズについて詳細はこちらの記事でご紹介しています)

一度設定してしまえば、その後はテンプレート通りの整ったレポートをオートマチックに作成できます。

まとめ

今回は広告レポートの必要性から始まり、レポートテンプレートの重要性について触れていきました。
クライアントへの「業務報告」である広告レポートは、知りたい情報が分かりやすく、見栄えも良いものほど望ましいのはもちろんですが、そんな出来の良いレポートをイチから作るのは簡単ではありません。また、レポート作りばかりに時間・労力のリソースを取られて広告運用に集中できないのでは本末転倒です。
「アドレポ」のテンプレート機能を使えば、劇的な省力化・効率化を実現でき、重要事項にリソースを割くことができます。ぜひご活用いただき、業務環境改善の一助としていただければと思います。

「アドレポ」についてご関心のある方には、無料で詳しい資料をご用意しておりますのでぜひダウンロードしてください。

アカウント開設300件以上

運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」

資料ダウンロード

この記事をシェアする

関連する記事

お役立ち資料

広告運用業務の効率化にお役立て
いただける情報がダウンロードできます。

資料一覧をみる