【バージョン2.39.5】Google AdWordsのレポートに新しい項目を追加しました

2018/07/18(最終更新日:2018/07/18)

いつもアドレポをご利用いただきありがとうございます。
この度バージョンアップを行いましたので、ご案内いたします。

バージョン 2.39.5 リリース情報

一部のレポートに新しい表示項目が追加されました。

対象プラットフォーム

Google AdWords

 

追加項目詳細

◆「発生元」

 追加対象レポート

 ・コンバージョンレポート

 

◆「デバイスをまたいだコンバージョン数」

 追加対象レポート

 ※時間別レポート以外のすべてのレポートに追加されます。
 ・検索クエリレポート
 ・都道府県レポート
 ・プレースメントレポート
 ・年齢別レポート
 ・性別レポート
 ・広告グループレポート
 ・広告レポート
 ・リンク先URLレポート
 ・キーワード レポート
 ・トピックスレポート
 ・インタレストリマーケティング
 ・クリック種別レポート
 ・動画レポート
 ・コンバージョンレポート
 ・GDNキーワードレポート

 

ご利用方法

アドレポにログイン > レポート設定画面 > 「データセット」 > 「広告プラットフォーム」 にて「Google AdWords」を選択 > 各レポートを選択し、「表示項目」よりお選びいただけます。

※上の画像は「コンバージョンレポート」での表示項目例です。「発生元」はコンバージョンレポートでのみ表示されます。

 

BigQuery出力機能をご利用のユーザー様へ

本バージョンアップに伴い、BiqQueryのテーブルに新しいカラムが追加されました。
また、テーブル定義書にも変更がございます。
下記リンクより詳細をご確認ください。

【重要・追記あり】Google AdWordsのBigQueryテーブル定義変更について

 
以上になります。
今後ともアドレポをよろしくお願いいたします。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加