【ver 2.15.0】Logicad、nendへの接続と機能改善などを行いました

2017/02/27(最終更新日:2017/06/22)

いつもアドレポをご利用いただきありがとうございます。
この度バージョンアップにて新たな機能の追加・変更・バグ修正を行いましたのでご案内いたします。

 

バージョン 2.15.0 リリース情報

1. 接続先追加

広告プラットフォームの接続先がさらに増えました。

・Logicad(ロジカド)

Logicad

○利用可能レポート

・クリエイティブレポート

ロジカドとの連携機能をご使用される場合は、アドレポへのAPIアカウントの登録が必要となります。
APIアカウントの登録はアドレポサポートチームが行いますので、ご希望の場合は貴社のロジカドアカウントの「代理店ID」を添えてこちらまでご連絡くださいませ。
APIアカウントの登録が完了しますと、広告主情報の設定画面から広告主アカウントを登録いただけるようになります。
※APIアカウント登録完了までには5~10営業日程度かかります。

nend(ネンド)
nend

○利用可能レポート

・広告レポート

nendとの連携機能をご使用される場合は、アドレポへのAPIキーの登録が必要となります。
APIキーはnendの管理画面から発行いただけます。

APIキー発行とアドレポでの設定の流れ

nend管理画面内の「ツール」タブより「レポートAPI」を選択します。
 (タブやメニューが表示されない場合は、nendのサポートにAPI利用申請を行ってください。)

新規APIキー作成メニューより、画面の指示に従いAPIキーの作成を行います。
 (IP制限の設定が可能になっていますが、「利用しない」を選択してください)

作成したAPIキーをコピーします。

アドレポ管理画面の「広告主情報変更」 > 「Nend 広告主情報」 > 「アカウント追加」を押します。
アカウント追加

登録画面の「APIキー」にコピーしたAPIキーを貼り付けます。
 (表示名称は任意です。後から変更することもできます。)
APIキーの入力
OKを押して情報登録は完了です。

※nendご利用の際の注意点
nendのレポートデータは、広告主アカウントを登録された日より過去90日分のデータから取得が可能となります。
nendのAPIの仕様により、過去90日以前のデータはレポート出力いただけませんのでご了承ください。

 

2. 機能追加

・データセットのグロス率、データ抽出期間の一括変更機能を追加

複数のデータセット間で設定値を一括変更することができます。

「レポート設定」 > 「レポート出力条件の設定」 > 「出力データセット」に、「一括変更」ボタンが追加されました。

一括変更ボタン

各数値の変更方法については下記ページよりご確認くださいませ。

複数データセット内の設定を一括で変更することはできますか?

 

今後ともアドレポをよろしくお願いいたします。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加