Google BigQueryとの連携を開始しました

2017/05/24(最終更新日:2017/06/22)

いつもアドレポをご利用いただきありがとうございます。
この度新しいサービスとの連携を行いました。
またそれに伴い、アドレポの導入にいたった企業様についてのプレスリリースを発表しましたので、ご案内いたします。

 

運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」、BigQueryとの接続を開始
– 第一弾としてIDOM(旧社名:ガリバーインターナショナル)に導入開始 –

 
株式会社EVERRISE(本社:東京都港区、代表取締役:倉田 宏昌、以下 当社)は、自社開発した運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」が、Googleのビッグデータ解析サービス「BigQuery」との連携を開始したことを発表いたします。また、今回の連携に伴い「アドレポ」を株式会社IDOM(旧社名:株式会社ガリバーインターナショナル、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:羽鳥由宇介、以下:IDOM)に導入されたことを併せてお知らせいたします。

「アドレポ」は多数のプラットフォームにまたがる複雑なデータを一元管理し、広告レポートを自動生成できるツールです。API連携によってレポート作成を完全自動化し、レポート業務の時間を大幅に削減できます。さらに、リスティング広告、ディスプレイ広告、サイト解析などの結果数値を全てひとつのレポートにすることで、統合的な分析を実現します。

BigQueryは、Googleの提供するビッグデータ解析サービスで、大量のデータに対する集計と分析処理を高速に行うことができます。

今回の連携によりアドレポご利用者様は、各広告媒体からパフォーマンスデータを自動取得し、「BigQuery」を用いた社内分析プラットフォームへインポートすることができます。広告媒体上では一定期間しか保存されないデータを自社内で蓄積し、いつでも活用できるようになります。さらに、自動取得・蓄積されたデータを広告以外の社内データなどと連携し、分析に利用することも想定できます。

その第一弾として導入されたIDOMは、1994年にクルマの買取専門店ガリバーとして創業後、さまざまなチャネルを展開しており、現在IDOMグループでは海外含め約620店舗を展開しているほか、自動車流通を軸とした多岐に渡る事業拡大を図っています。

そうした中で、IDOMは「広告宣伝費」の最適化を目指していました。その中でも投資割合が大きいデジタル広告の「投資対効果」をタイムリーに、且つ複眼的に評価できるようにし、PDCAに貢献すべく「アドレポ」を採用することとなりました。

 

IDOM様のコメント

「アドレポ」を採用した大きな理由は、月額10万円程度で複数メディアのデータを一括収集できるという「コストパフォーマンス」と、「BigQueryとの連携」です。IDOMはDMPをBigQueryをベースに進めていましたが、短期間で連携を実現できると感じたことはアドレポ選択の大きな決め手になったと思います。
さらに、将来的に更なる分析の高度化にあたり、高い技術力を有するパートナーと協力関係を築いておきたかったということも、大きな理由の一つです。企業単体で、日進月歩で進化するテクノロジーを追いかけ、活用していくことは決して簡単なことではありません。今回の取組みを通して、相互の連携を更に強化し、将来に備えていきたいと考えています。

 

「アドレポ」BigQuery連携詳細

アドレポとGoogle BigQueryとの連携により、広告媒体データを自動でBigQueryへインポートできます。BigQueryアカウント、各広告媒体アカウント情報をお持ちであればすぐにご対応可能です。
料金の詳細や申し込み方法については下記よりお問い合わせくださいませ。

お問い合わせフォーム

今後も当社は「テクノロジーでマーケティングは進化する」をモットーに、「アドレポ」をはじめとしたツールの運営・提供等により、デジタルマーケティングITのリーディングカンパニーとして、よりデジタルマーケティングを進化させていくことで課題を解決していきたいと考えます。

 

「アドレポ」について

URL: https://ad-repo.com/
利用料金: 初月・初期費用無料、月額5万円から利用可能
接続先サービス: Google AdWords、Yahoo!プロモーション広告、Twitter、Facebook、DoubleClick Bid Manager、ScaleOut、FreakOut、Bypass、Indeed、i-mobile、MicroAd BLADE、Logicad、nend、Google Analytics、LINE Ads Platform、Google BigQuery

 

株式会社EVERRISE(エバーライズ)について

当社は、広告代理店やインターネットでマーケティングを行う企業に対して、デジタルマーケティングに関する技術をソフトウェアや情報システム等の形で提供しており、昨年10周年を迎えました。この分野は技術的に難しく要件も複雑であるため、対応できる企業が国内でも限られています。当社EVERRISEは、国内でも数少ないこうしたデジタルマーケティングITに関するリーディングカンパニーとなっています。

 

株式会社EVERRISE 概要

商号 : 株式会社EVERRISE(エバーライズ)
代表者 : 代表取締役 倉田宏昌
所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル3F
設立 : 2006年7月
事業内容 : アドプラットフォーム開発、マーケティングテクノロジー開発
資本金 : 3,496万円
URL : https://www.ever-rise.co.jp/

 
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社EVERRISE 広報担当 石垣
TEL:03-5772-3346E-mail:contact@ever-rise.co.jp

 
今後ともアドレポをよろしくお願いいたします。

  • follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加