資料請求

BIツールをもっと簡単に!「アドレポデータポータル」で広告レポートをWEB上でビジュアライズ

この記事をシェアする

企業が保有する様々なデータを収集・分析して活用できる「BIツール」は、広告代理店に限らず幅広い業種で利用されています。
BIツールは企業経営や業務改善に非常に有用である一方、使い始めるためには相応の手間や知識が必要です。皆さんの中にも「軽い気持ちで導入してみたけど、思った以上に複雑で難しそうなので、結局活用できていない…」なんて方があるかもしれません。

そんな皆様の声をうけてアドレポでは、より簡単・手軽に使える簡易BIツール「アドレポデータポータル」をご提供しています。今回は、この機能について徹底解説します!

近年トレンドの「BIツール」とは

アドレポデータポータルの便利さを知っていただくためには、まず冒頭でも触れた「BIツール」についてご説明する必要があります。

BIツール(ビジネス・インテリジェンス・ツール)は、社内管理している顧客情報や販売実績、ネット広告やWEBサービスの運用データといった様々なデータを収集・統合できるツールです。そのデータは分かりやすくビジュアライズ(可視化)・レポーティングすることで、マーケティングや経営戦略の策定に活用できます。
またBIツールの機能や特性は製品によって異なり、自社にとっての必要性に応じてツールを選ぶことになります。

BIツールのメリット

多角的なデータ分析が可能

BIツールでは、社内外の複数のシステムと連携することで、多種多様なデータを集約して分析できるのが強みです。
必要な情報を必要なだけ引き出して俯瞰し、多角的な情報分析が可能となると共に、課題や問題点を発見しやすくなり意思決定の精度とスピードが高まります。

レポーティング作業の効率化

BIツールにはグラフなどのデザインがプリセットされており、見やすく分かりやすいレポートを短時間で作成できます。特にこれまでExcel等で手作業で作成していた方は、レポーティングの工数を大幅に節約できるでしょう。

リアルタイムに情報共有できる

BIツールへのデータ連携を一度設定すれば、その後は自動的に最新の情報が反映されます。経営判断に役立つ指標をリアルタイムで確認でき、意思決定に後れをとることがありません。
またブラウザベースのためオンラインでの社内外への情報共有もしやすく、関係者間の齟齬によるトラブルも削減できます。

意外と高い?BIツール導入のハードル

BIツールは、企業が保有するデータの価値を何十倍にも高める画期的なツールです。実際、こうしたBIツールの特長を知って「ぜひうちの会社でも使ってみたい」とお考えの広告代理店様もあると思います。

一方で、BIツール導入を具体的に検討しながら断念した方や、導入したものの十分に活用できていないという方の声もお聞きします。
BIツールの導入・活用にあたってのハードルは、主に次の3つがあげられます。

導入や利用が難しい

多くの方がBIツール採用に二の足を踏んでしまう、一番の理由だと思います。
BIツールを利用するためには、最初に集計・分析の対象となるデータの連携設定などが必要となります。この設定作業には相応の手間や知識が必要で、ここででつまづいてしまう人も多いようです。
また基本的にBIツールは使いやすさに工夫して設計されていますが、今まで自前のExcelなどに慣れていた担当者にとっては、新しいツールを一から使い始めるのは大変でしょう。BIツールによって現場の作業負担が増えれば、いずれ使われなくなってしまいます。

自社のニーズに合ったツールの選択が難しい

BIツールと一口に言っても機能の充実度や使い勝手は様々で、中には高度な分析や幅広い機能が利用できる製品も存在します。
しかし実際のところ、「それほど高機能な分析・レポートは必要ない」「広告データをビジュアル化したいだけ」という代理店の方も多いのではないでしょうか。せっかくのBIツールを「宝の持ち腐れ」としないためにも、自社のニーズに適したツールの選択が必要です。

費用対効果の判断が難しい

BIツールには無料・有料のものがありますが、無料のツールでできることは限定的で、多くのツールは費用がかかります。その料金体系も様々です。
一方でBIツールは導入前にその費用対効果をはかるのが難しく、社内での導入可否を決めるにあたってのハードルとなります。

「アドレポをBIツールのように使えないか…」ユーザー様の声

ビジネスシーンでBIツールが注目される中、当社の運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」をご利用中のお客様からも、BIツールの導入や利用に関するお問い合わせを多く頂いてきました。

アドレポは、複数のネット広告媒体からデータを自動的に取得して広告レポートを作成できるツールです。作成したレポートはGoogleスプレッドシートでの出力が可能で、各種BIツールともデータ連携ができます。
しかしBIツールへの関心が高まる中、「アドレポ自体をBIツールとして使えないか?」といったご要望や、「他のBIツールを使ってみたいけど、難しそう」と導入を不安視されるお客様もいらっしゃいます。

  • アドレポ上で、BIツールのようにビジュアライズ化されたレポートを見たい。
  • BIツールを使ってみたいが、構築が面倒で難しい。
  • クライアントにブラウザ上でリアルタイムにレポート共有したい。

こうしたユーザー様のご要望をうけて開発したのが、アドレポの新機能「アドレポデータポータル」です。

BIツールビギナーに最適!アドレポの新機能「アドレポデータポータル」とは

「アドレポデータポータル」は、アドレポでAPIから取得した広告運用データを表・グラフでビジュアライズし、BIツールのようにブラウザ上で表示させることができる機能です。
広告媒体別・キャンペーン別・広告別など、一般的な広告レポートで使われるパターンがプリセットされており、とにかく簡単に使えるのがポイント。本格的なBIツールに比べると機能は限定的ですが、「広告データを手軽にビジュアル化したい」という方にはちょうど良いスペックの簡易BIツールとなっています。

また、本機能が生まれたもう一つの理由として、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大があります。各種業務の非対面化が推奨される中、ネット広告運用の成果報告もリモートで完結させたいというニーズが、本ツールの開発を後押ししました。

アドレポデータポータル 3つの特長

簡単に利用できる

簡単な設定で外部APIに接続するだけで、すぐにツールを利用できます。通常のBIツールのような細かな設定は一切必要ありません。管理画面はシンプルで分かりやすく、初心者も安心。

分かりやすいレポートを簡単作成

広告運用レポートでよく使われる標準的な項目がプリセットされており、グラフや表を使ってデータを分かりやすく可視化できます。

レポートをそのままクライアントと共有可能

ツール上で作成したレポートは、登録したユーザーとブラウザ上で共有が可能。最新のデータをクライアントとリアルタイムで情報共有するのも簡単です。

アドレポデータポータルの機能を徹底解説!

アドレポデータポータルは、とにかく「簡単に使える」ことをコンセプトに開発した機能。

アドレポデータポータルで使える機能・メニューを、スクリーンショットとあわせて簡単にご紹介いたします。
本ツールは、とにかく「簡単に使える」ことをコンセプトとして開発しました。ここにあげた説明をご覧いただいただけでも、操作方法や使用感をイメージしていただけるかと思います。

広告レポートの表示

ダッシュボード

本ツールのメイン画面です。
アドレポに登録された任意のアカウントを選択して、簡単に画面の切り替えが可能です。

媒体別サマリ

Google、Yahoo!等の、広告媒体別のパフォーマンスを表・グラフで表示します。
任意の期間でのソートや表示項目の切り替えが可能です。

キャンペーン/広告グループ

任意のアカウント・広告媒体の、キャンペーン・広告グループ別のパフォーマンスを表示します。

広告

任意のアカウント・媒体・キャンペーン等における、広告毎のパフォーマンスを表示します。

キーワード

任意のアカウント・媒体・キャンペーン等における、キーワード毎のパフォーマンスを表示します。

期間別

任意の期間における各指標の推移を総計を表示します。
期間は日次・曜日・月次を選択可能です。

各種設定

表示項目設定

上記の各レポートについて、個別に表示項目を設定します。(インプレッション、クリック数、CTR、CPC、CVなど)
クライアントの要望にあわせてカスタマイズしたレポートを作成できます。

CVカラム

コンバージョンとして集計するデータを設定します。
案件によってコンバージョンとして追っている項目が異なる場合も対応可能です。

コストのグロス率

コストのグロス率(内掛・外掛、マージン)を、広告媒体毎に設定します。
クライアント指定の条件に合った設定での共有が可能です。

表示媒体・アカウント

アドレポデータポータルに表示する広告媒体を選択できます。
不要な広告媒体を非表示にするなどして画面の最適化が可能です。

ユーザー

レポートごとに閲覧可能なユーザーを設定します。
社内用とクライアント用でレポートの共有権限を分けるなどのコントロールが可能です。

まとめ

今回はアドレポの新機能「アドレポデータポータル」について詳しくご説明いたしました。
リモートワークが定着しクライアントの要望も多様化する中、広告運用レポートも、紙媒体やExcel・PDFだけでは事足りなくなっているのが現場の実態でしょう。かといって高度なBIツールを今から始めるのも面倒です。
「データポータル」は、数多くの広告代理店様の声に耳を傾けてきた当社ならではの、使い勝手の良いツールです。BIツールに関心のある代理店様はぜひ一度お試しいただきたいと思います。

「アドレポ」や「アドレポデータポータル」についてさらに詳しくお知りにないたい方は、詳しい資料を無料でご用意しておりますので、ご関心のある方はぜひダウンロードしてください。

この記事をシェアする

関連する記事

お役立ち資料

広告運用業務の効率化にお役立て
いただける情報がダウンロードできます。

資料一覧をみる