資料請求

新機能「スマート考察」の導入で、運用レポートの考察作成工数を半分以下に削減

株式会社エミシ

布施様

株式会社エミシ様は、北海道札幌市に本社を構えるIT企業です。WEBサイト構築やネット広告の運用、MA支援・運用、ECサイトの運営代行などデジタルマーケティングに関わる業務を幅広く手掛けられています。
同社のディレクターとして活躍され、またアドレポを業務にご活用いただいている布施様にお時間を頂き、特に2021年7月にリリースしたアドレポの新機能「スマート考察」の使い勝手や導入の経緯などについてお聞きしました。


本日はよろしくお願いいたします。まずは布施様の現在の業務についてお聞かせいただけるでしょうか。

布施様 :

私はエミシに入社して3年8ヶ月になりますが、今は主にディレクターとして、WEBサイトの制作やマーケティング、ネット広告やMAに関するディレクション業務を行っています。
ネット広告については別に担当者がいて、ディレクションは私、もう一人は運用に動くという状態です。
あとは社内のクリエイティブ部門、デザイナーやコーダーとの窓口にもなっています。

マルチにご活躍されているんですね!ディレクション業務が主とのことですが、ご自身で実際にアドレポを使われることはありますか?

布施様 :

はい、広告レポートの作成は私が行っており、予算管理や調整は広告運用担当者が行っています。私も日々アドレポで予算の進捗を確認し、気になるところを担当者に改善してもらう流れです。

株式会社エミシ サイト

ディレクターとして幅広い業務を担う中で広告レポート考察の大幅な省力化に成功

続いて本題の「スマート考察」についてうかがいます。まずは本機能を導入していただいた一番の理由をお聞かせください。

布施様 :

これまでお客様にレポートをご提出する際に、管理画面やレポートを見ながら考察の内容を考えていました。その工数を削減したいと思ったのが導入のきっかけです。

具体的にどういうフローで考察されていますか。

布施様 :

まず広告媒体ごとに大きく「良くなっているのか、悪くなっているのか」を確認します。悪くなっている場合は、キャンペーン別で見て、キーワード別で見て、と細分化して精査していく感じですね。

もちろん悪い部分だけでなく良い点についても同様に「何をしたのか、どういう調整をしたのか、それによってどうなったのか」を見ていきます。そうやって後は施策と突き合わせて考察をまとめていきます。

レポートから読み取れる範囲で全体的な考察を考え、具体的にどんな施策をしたのか、レポートだけでは分からないことがある時は担当者に聞きます。

レポート考察の作成には、工数的にどの程度かかっていましたか?

布施様 :

すべてのお客様に同じ時間がかかっているわけではないですが、1つのクライアントにお伝えする考察内容をまとめるのに約30分〜1時間くらいでしょうか。

それがスマート考察の導入によって、体感的にはどれくらい効率化できたと思われますか?

布施様 :

導入後は、出力される考察を一通り見るくらいの作業になったので、考察にかける時間としては半分以下くらいになっていると思います。
最初の設定こそ時間がかかりましたけど、一回設定してしまえばその後は必要ないですし。

考察コメント出力イメージ(データはダミーです)

それは大きな効果ですね!ありがとうございます。

自動出力された考察コメントを広告運用のヒントとしても活用

スマート考察の導入によって、工数削減の他にも良い効果があったとうかがっていますが…

布施様 :

はい、お客様に考察をお伝えするのに役立つのはもちろんですが、それだけではなく、出てきたコメントを実際の広告運用のヒントとしても活用させてもらっています。

特に非常に便利なのが「キーワード別考察」。CPAの高い、つまり効果の悪いワードがいくつかピックアップされて出てきますよね。それを見て「このキーワードはどうしていこうか」というのを運用担当者と話したりしています。

こうした機能があるだけでも作業効率は違ったりするものでしょうか。

布施様 :

そうですね、まず、コストに直結しているキーワードから手をつけていけるというか、改善点の優先順位をつけやすくなったのはとてもありがたいです。
とはいえスマート考察の内容はそのままお客様にお伝えするのではなく、あくまで参考情報としてピックアップしている感じです。

最後に、今後の「スマート考察」機能についてご要望はありますか?

布施様 :

一つは、Facebook広告のカスタムコンバージョンに対しての考察が見られるようにしていただきたいという点です。標準イベントは対応しているんですが。

もう一つは、月単位でなく、1年分の長期的なデータに対する考察を出せればと思っています。1年間のデータをもとにした、各キーワードのCPAなどについて考察を見たいんですが、データ量が多すぎるとエラーになるみたいです。

貴重なご意見を、ぜひ今後の参考にさせていただききたいと思います。本日はありがとうございました!


インタビューを通じて、アドレポの新機能「スマート考察」がエミシ様の広告運用業務の効率化に貢献できていることを知り、大変うれしく思います。
なおインタビューの中でご指摘のあった「FBカスタムコンバージョンへの対応」については2021年9月には対応可能になる予定です。
今後ともユーザーの皆様のご意見をもとに本機能をブラッシュアップし、より高いレベルでお役に立てる機能を目指してまいります。

アカウント開設300件以上

運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」

資料ダウンロード

関連する記事

資料で詳しく機能や導入事例を
ご紹介しています

資料ダウンロード