資料請求

ネット広告ご担当者は必見!広告レポート作成の工数削減の重要性とは?

この記事をシェアする

広告代理店・広告会社の担当者様は、様々なプレッシャーと戦いながら、多岐にわたる業務を日々こなしておられることと思います。

そんな中で、今以上に業績を上げるためにぜひ取り組んでいただきたいのが「工数削減」です。特に「広告レポートの作成」の工数を減らすことは、業務効率性を高め、業務環境の劇的な改善につながります。

今回は広告代理店の皆様にぜひ知っていただきたい、レポート作成の効率化・工数削減の重要性についてご説明いたします。

とにかく忙しい、広告代理店の業務内容

現在お勤めの方々には「言わずもがな」かもしれませんが、まずは改めて、広告代理店の主な業務についてご説明いたします。

①営業
広告主との窓口となって、広告企画の提案や受注活動を行います。またプロジェクト全体の進行管理や予算管理も行います。

②メディアプランニング
企画内容やターゲットに応じて、最も効果的な広告媒体(テレビ、インターネット、新聞・雑誌など)のプランニングや広告枠の買い付けを行います。

③広告の制作
各媒体に適した広告の制作・開発を行います。クリエイティブディレクターの指揮のもと、プランナー、デザイナー、コピーライターなど社内外の様々な職種のスタッフがチーム体制をとるのが一般的です。

④マーケティング
市場調査や自社サービスの分析、競合の情報収集などマーケティング活動を行います。また得られた結果をもとに広告主の目標達成のために最適な広告戦略を構築します。

これらの業務は専門の部署で行うこともあれば、一人の担当者が兼務するケースもあり、業務体制は企業によって様々です。
さらにプロジェクトによっては、広告戦略以外にも、販売促進のためのイベントやキャンペーンなど各種プロモーションの企画・運営業務も広告代理店が行います。

広告代理店の生命線は「生産性の向上」

こうした幅広い業務を担う広告代理店は、しばしば「労働集約型」のビジネスと称されます。
労働集約型とは経済学用語の一つで、「人間の労働力」への依存度が特に高い産業のことです。機械設備やコンピュータよりも、人の手による仕事量が多い業種で、サービス業や流通業、コンテンツ産業などが代表的な労働集約型産業とされます。広告代理店業もその一つであるのは間違いありません。

そして労働集約型のビジネスでは、いわゆるマンパワー、担当者一人ひとりの生産性やスキル・経験の大小が、その業績に大きく影響します。

広告代理店が成果を上げるためには、会社組織としてのブランディングや体力作りも大切ですが、その組織を構成する各人がどれほど優秀なパフォーマンスを発揮できるか、生産性を高められるかが非常に重要だといえます。

生産性を上げる行動、下げる行動

「工数削減」が生産性を高める

「一人一人の生産性を高める」には、どうすれば良いのでしょうか。言葉にするのは簡単ですが、具体的に何をすれば?となると、考え込んでしまうかもしれませんね。

企業活動における生産性とは、簡単に言うと「得た利益÷要したリソース」です。
また従業員一人当たりの生産性を示した指標を「労働生産性」といい、「従業員一人の労働の成果÷労働量」と表されます。

この式から、労働生産性を高めるためには、
①労働の成果を上げる
②労働量を減らす
この両方が必要だということが分かります。

まず①の「成果を上げる」ですが、これを担当者一人の努力で成し遂げるのは簡単ではありません。上述したように広告代理店の業務は非常に幅広く、一つのプロジェクトの成否にはクライアントはじめ多くの人たちが関わるからです。

したがって、担当者レベルで生産性向上のために何ができるかというと、②の労働量・労働時間を減らすという点に尽きます。これが冒頭に申し上げた「工数削減」であり、生産性向上の第一歩なのです。

生産性を下げてしまう行動とは

逆に、生産性が落ちてしまう原因は、言い換えれば「労働量を増やす」「労働時間が長くなる」行為になります。
例えば、無駄な残業や必要以上の長時間労働。「とにかく遅くまで働くのがエライ!」といった考え方は、生産性向上という観点からはNGと言わざるをえません。

もう一つ気を付けたいのはマルチタスク、複数のタスクを同時進行させることです。
マルチタスクというと一見、効率の良い仕事術のように思われがちですが、実は、人間の脳は基本的に複数のことを同時にやろうとすると、各々への集中力が落ちるため決して一概に効率的とはいえません。むしろこのために生産性を落としている可能性がありますので注意が必要です。

※マルチタスクの弊害についてはこちらの記事にて詳しくご説明しております。

多様化・複雑化するネット広告の運用業務

ここからは、広告代理店の多岐にわたる業務の中でも特に「インターネット広告の運用」に注目して話を進めていきます。

ご存じのように、今やインターネット広告市場は成長の一途。2020年の日本国内のネット広告費は2.2兆円規模となっており、これは実にマスコミ四媒体広告費の総計に匹敵する金額です。
ネット広告が他の広告と大きく異なるのは、「精細なターゲティング」と「広告成果の集計・分析」を詳細に行える点。これによりユーザーニーズに合った広告を的確に展開し、費用対効果を高められるのが最大のメリットといえるでしょう。

このメリットをさらに伸ばすべく、ネット広告の配信・管理に関わるアドテクノロジーは日進月歩で進化を続けています。同時に、運用業務は以前に増して多様かつ複雑になっているのも事実です。
本稿をご覧の皆様の中にも、ネット広告の運用に日々苦心奮闘されている方は少なくないと思います。

基本的な運用業務だけを見ても、広告のターゲット設定に始まり、広告作成・入稿、予算設定、配信確認、結果の集計・分析、レポート作成、改善提案など、やることは一杯。
さらに担当クライアントや広告のプラットフォームが増えると、運用業務量は倍々になっていきます。

ご担当者様がこうした業務にかかる工数をいかにして削減し、個々の生産性を高められるかは、広告代理店にとっても至上命題といって過言ではありません。

レポート作成業務に、時間をかけすぎていないか?

ネット広告運用の工数削減という点で、私たちが特に注目したいのは「広告レポートの作成業務」です。

毎月・毎週など定期的に、実施した広告の成果を客観的データでクライアントに示す「広告レポート」の作成は、PDCAを行う上でも必須の、担当者にとって大切な業務の一つであることは言うまでもありません。
問題は、このレポート作成に時間をかけすぎていないか?という点です。

広告レポートは、すでに実施し終わった広告のいわば「事後報告」です。そしてほとんどのクライアントが真に求めているのは、過去の結果報告よりも、「次、どうするか」の改善提案でしょう。
データの羅列であるレポートの内容を多角的に分析・考察し、ビジネスをより良い方に導く道筋を見出し、新たな広告展開を提案する。これこそが広告代理店の本分であり、ご担当者の皆様が本当に時間をかけるべきは、ここにあります。

形だけのレポート提出を漠然と続け、何の目新しい提案もできない担当者は、クライアントを満足させられず、飽きられ、やがては契約終了の憂き目を見るかもしれません。

広告レポート作成にいたずらに時間をかけることは、生産性が落ちるというだけでなく、最も大切な業務に十分な時間を割けないという点で、二重の意味で企業活動のマイナスになっているのです。

ぜひ今一度、広告レポート作成の工数を削減する重要性を見直していただきたいと思わずにおれません。

アドレポが広告レポート作成の作業効率を劇的に改善する!

データ収集・レポート作成を完全自動化

広告レポート作成の工数を削減するために、ぜひおすすめしたいツールが「運用型広告レポート自動作成ツール『アドレポ』」です。

「アドレポ」は、次にあげる4つの特長でデータ収集とレポート作成を完全自動化。レポート作成の工数を劇的に削減し、担当者様の生産性・パフォーマンスを改善します。

①優れたカスタマイズ性
クライアントごとに異なるフォーマットにも追加費用なしで対応可能。工数最小限でレポートを自動化できます。

②豊富な出力形式
Googleスプレッドシートほか豊富な出力形式に対応。またBigQueryにて各種BIツールに連携しリアルタイムにデータ共有が可能です。

③クリエイティブレポートも自動化
レポート作成で最も工数のかかるクリエイティブレポートの作成も自動化が可能。動画サムネイルにも対応します。

④シンプルで直観的な管理画面
管理画面は誰にでも使いやすいシンプルかつ直感的なインターフェース。複雑な関数の利用も必要ありません。

「アドレポ」利用者様の声

実際に「アドレポ」を導入いただき、広告レポート作成の工数削減を実現された企業様のお声を一部ご紹介いたします。

・サン・ユナイティッド様
「レポート作成の時間だけで、月間300時間以上の削減になりました。日次レポートや週次レポートを簡単に出力できるので、クライアントとのやりとりがスムーズに。カスタマイズ性の高さ、費用の安さも魅力です」
詳しくはこちら

・シナジーマーケティング株式会社
「以前はレポートや入札管理、進捗管理はすべて手動で行っていましたが、お客様が増えるにつれて人力で頑張のが難しい状況に。『アドレポ』導入で作業時間が短縮でき、そのぶん他の業務に時間をかけられるようになりました」
詳しくはこちら

まとめ

今回は、インターネット広告運用におけるレポート作成業務の工数削減の重要性についてご説明しました。

「労働集約型」の広告代理店では、特に担当者レベルの生産性・効率性の高低が成果に直結します。生産性向上のためには労働量=工数の削減が必須であり、とりわけネット広告運用において最も工数削減の余地があるのが広告レポートの作成です。
豊富な実績のある運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」で、効果的な工数削減を実現し、企業のパフォーマンスをさらに伸ばしていただきたいと思います。

「アドレポ」についてご関心のある方には、無料で詳しい資料をご用意しておりますのでぜひダウンロードしてください。

アカウント開設300件以上

運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」

資料ダウンロード

この記事をシェアする

関連する記事

お役立ち資料

広告運用業務の効率化にお役立て
いただける情報がダウンロードできます。

資料一覧をみる